規格品紹介の最近のブログ記事

A式

IMG_0580.jpg

一般的に「段ボール」と言われるA式タイプ。

みかん箱タイプとも言われます。

型も必要なくコストパフォーマンスに優れた形状です。用途により底の形状やフラップ(蓋)の長さを変えることができます。

 

 

B式

IMG_0577.jpg

主に差し込み式の蓋が付いている箱をB式と呼びます。

抜き型を必要とする形式ですが組み立てやすい形式です。

またA式同様、底をアメリカンロックにしたもの、ワンタッチにしたものなどバリエーションがあります。

 

 

コンテナ箱

IMG_0590.jpg

主に青果物を入れる際に使われる、トップオープンタイプの箱。

型が必要になります。

広げた状態で納品します。スタッキングできるタイプもあります。

 

 

額縁あり

IMG_0569.jpg

身と蓋に分かれているケースをC式と呼びます。

ギフトケースなどでよく使用されます。高さのない浅い箱に適しています。

C式には額縁があるタイプとないタイプに分かれますが、どちらも組み立てが必要で、型 が必要となります。

 

 

巻き込み式

IMG_0068.jpg

ポスターなど細くて長いものを梱包する時に使われる箱の形状です。形状によっては、抜き型代は必要ありません。

細くて長く他の箱の形状では製作できないものを梱包します。

品物を丸め込むように梱包し、サイドの部分と織り込んだ部分をテープなどで封をします。